ホームへ戻る
大阪大学ナノサイエンスデザイン教育研究センター

ナノサイエンスデザインラボトリー
役  割
 本ラボはナノ材料を「考える(設計),「創る(成長,加工)」,「観る,測る(構造解析,物性測定)」といった装置群で構成されており,ナノ材料の開発サイクルを一環して行うことで,実際に機能するナノ材料を創る(機能創成)ことができます.これらの装置は,社会人,大学院生のための実習や研究に用いられ,人材育成を通したナノテクノロジーの発展のために日々活用されています.
 また,実践的な教育に加え,知識面の育成を行うことも重要です.本ラボには遠隔講義配信システムも併設されており,実習,研究の傍ら,知識の強化に取り組むことができます。
(※画像にマウスオンしてください。明るく反転する画像には説明があります。)
加工する
マスクアライナー 電子線ビーム描画装置
イオンシャワー装置
プローブ,電子線で観る,測る
透過型電子顕微鏡 走査型電子顕微鏡
イオンスライサー 原子間力顕微鏡
成長させる
抵抗加熱蒸着装置 パルスレーザー堆積
装置
電子ビーム蒸着
装置
超臨界流体実験
装置
光,X線で観る,測る
X線構造解析装置 共焦点,チップ増強
ラマン(TERS)顕微鏡
立体配向・蛍光寿命
・多光子顕微鏡
分光型共焦点
レーザー走査顕微鏡
  
設計する
PCクラスター